バッテリーのメカニズムについて

自動車のバッテリーは、電池、もっと細かくいうと二次電池の一種で、鉛畜電池あるいは鉛バッテリーといわれます。なお、電池には一次電池と二次電池の二種類が存在し、一次電池は製品製造の際に電気が蓄えられ一度使い切るとおしまいになるタイプで、多くの乾電池がこれにあたります。一方、二次電池は充電を繰り返すことにより長期間使用が可能になるタイプです。携帯電話に使用されている電池もこのタイプです(ただし、材質は異なります)。
電池の基本構造は、正極、負極、電解液(質)からなります。鉛畜電池は正極(プラス極)には二酸化鉛、負極(マイナス極)には海綿状の鉛、電解液には希硫酸(濃度の低い硫酸)が使用されています。充電の際には正極及び負極から電解液へ硫酸イオンが移動し、放電(電気を使う)際には電解液から硫酸イオンが正極・負極へ移動する仕組みです。鉛は人体に蓄積すると悪影響があることから、環境規制物質に指定されています。この為、半田からは鉛の使用が急激に減っています。しかし、鉛畜電池用途ではその代わりになるものが見つからないことやリサイクルが容易で既にルートが確立していることから、現在でも使用量は減っていません。