バッテリーと寿命と交換時期

車を走行させる上で、バッテリーは重要な役割を持っています。
バッテリーはエンジンを始動させる時の電源になったり、ヘッドライトなどの照明を点火する為の電源になったりします。
また、近年発売されているモデルでは、センサーやコンピューターを駆使して自動的にブレーキをかけたり、人を認知したりといった先進的な機能を持っており、カーナビやカーオーディオなどを装備したり、夏場にはエアコンをつけたりするので、バッテリーの役割はますます大きくなっています。
バッテリーの寿命は、ケースがひび割れていたり、膨らんでいたりすることを確認することで知ることが出来ます。
経年劣化したバッテリーは液漏れや破裂の原因になるので早期にバッテリーを交換することが大切になってきます。
交換用の新しいバッテリーを購入する際に気をつけることは、バッテリーの容量です。
容量が少ないとバッテリーが上がりやすくなるので注意が必要です。
最近では電気モーターカーにもバッテリーは主電源として使われており、ハイブリッドカーにも電気モーターが搭載されているので主電源として活用されています。
劣化したバッテリーは充放電性能が新品の頃よりも大幅に落ちています。
バッテリーが膨らんでいなくても、性能が大幅に落ちていると感じたら新しい物に換えても良いでしょう。